当サイトはアフィリエイトで紹介されている精力剤を中心とした商品をご紹介しております。国内で生産された商品・安心してご使用いただける安全な製品のみを厳選して掲載しておりますので、安心してお買い求めいただけます。お支払い方法・発送の指定・返品保証などご不明な点は各メーカーのサイトをご覧ください。

厳選精力剤通販サイト|オトコナビ

充実したセックスライフは素晴らしい人生を送ること!

 

奥様や彼女とお互いの温もりに触れて、愛を確かめ合う。

こんな甘いセックスライフの大敵…ED(勃起不全)

なぜ男の自信を揺るがす“勃起不全”は起こるのでしょうか。

EDの定義は単に勃起しない、しづらいということだけでなく、硬度不足やセックスの途中で勃起を維持できない、いわゆる「中折れ」もEDに分類されます。

 

EDに悩む人は年齢が上がるほど増加傾向にあって、40代前半16%、40代後半20%、50代前半36%、50代後半47%、60代前半57%、60代後半70%にものぼっています。

 

しかし、EDは加齢のせいばかりではありません。20歳から39歳という若年層においても4.7%が勃起不全であることがわかっています。

 

では、このEDという症状はどうして起こるのでしょうか?

 

加齢による勃起不全

一般的には若い人の方がセックスの頻度は高く、加齢とともに少なくなってきます。歳とともに性欲は落てくることが原因とも限らないのですが、これは、加齢とともに体内から男性ホルモンを作り出す力が落ちてくることが勃起不全に陥る原因といわれています。

ほとんどの男性が中高年の方でも性欲があることは当然のことで、老人を対象とした調査でも、性欲を持つ人は80~90%、老人クラブ員でも60歳以上を対象とした調査でも性欲を持つ人は約90%そのうちセックスをしたいと望んでいる人が40%~60%にもなっています。

性欲そのものはいくつになっても持ち続けているわけです。

 

ED(勃起不全)はほとんどが三つに分類されます。

 

心因性勃起障害

性器そのものには異常がないが、ストレスや過去のトラウマなど心因的な原因により十分な勃起得られない。

 

器質性勃起障害

勃起に必要な神経や血管の障害や、血液がうまく流れない、また、陰茎座礁などが原因で十分な勃起が得られない。

 

混合性勃起障害

心因性勃起障害、器質性勃起障害の両方が混在している状態。

 

EDは治る!

どうですか?

EDの原因がわかれば必ず克服する方法が見つかります。

加齢が原因でEDにお悩みの方は男性ホルモンを自分の体の中から生み出せる成分の配合された精力剤がおススメですし、心因性勃起障害からくる勃起不全だと思う方はカツアーバやアシュワガンダのような抗ストレス、リラックス作用のある自然の生薬が配合されている精力剤がおススメです。

精力剤の良いところは、飲み続けることによってセックスばかりでなく体そのものがパワーにあふれ、活力的に普段の生活が送れることです。

充実したセックスライフが送れる男性は健康で“魅力あふれる男”なのです。